スポーツトレーナーを始めた経緯

LINEで送る

sports_condition_2

 

 

こんばんは、アゴヒゲの望月です。

今日は、自分がスポーツトレーナーを目指してみたいと思った経緯から

話させていただきます。

私は小学校三年から高校までサッカーをしてきました。

高校時代一度、膝の大きなケガをして三ヶ月プレーができない時期がありました。

その時の私は、スポーツ外傷の治療を専門的に行っている病院や治療院について知りませんでした。

もし、知っていれば、もう少し早く復帰ができ、また、パフォーマンスもUPしていかたもしれません。

現在、高校生のサッカー部をみていますが「怪我を繰り返し、なかなか試合にでれない

怪我をしてパフォーマンスが上がらない」「持病(成長痛や腰痛)を持ちながら練習するのが辛い

など声を聞きます。

怪我をする子は、だいたい関節が固い(可動域が狭い)・筋肉に柔軟性がない選手が多いです。

早期発見が大切です。当院では、ゆがみーるで姿勢を測定しデータをもとに体の柔軟性、機能性を

評価して、疲労が溜まっている筋肉には酸素オイルを使い、スポーツマッサージを行います。

また、柔軟性が低下している筋肉にはストレッチを施術し、怪我をしない体を目指す様にサポートしていきます

さらに、使われていない筋肉を強化します。

次回は 怪我をしない体つくり についてお話しさせていただきます。

 

image033