スポーツ障害・外傷

スポーツ外傷は、スポーツでの転倒などによる突発的な外傷のことで、主に骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、脳震盪などがあります。スポーツ障害は身体に過度の負担が繰り返しかかることによって、痛みなどが慢性的に現れる障害であり、スポーツにおける体の使いすぎを原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害です。

スポーツ障害は主に練習環境や、骨格、筋力、柔軟性などが原因で起こります。スポーツをする上で痛みを未然に防ぐためにマッサージやストレッチは大事ですが、痛みをおこさせないための「動ける体」を作るのも大事です。「動ける体」を作るためには、使われていない筋肉(弱い筋肉)を使うことができないと「戦える体」にはなりません。「戦える体」を作るためにも呼吸と姿勢が大事です。

当院では、ただケガが治るだけでなく、少しでも早く競技に復帰することはもちろん、原因となる根元に対して「再発させない・しにくい」施術を行います。もちろん、治療後もケガしにくい体作りをサポートします。

料金は料金案内を御覧ください


新着アゴヒゲブログ

  1. こんばんは 動ける!走れる!毎日が楽しくなる! …
  2. こんばんは 動ける!走れる!毎日が楽しくなる! …
  3. 2020/6/4

    噂のマスク
    こんにちは 動ける!走れる!毎日が楽しくなる! …
KOBAトレBライセンス