交通事故(自賠責保険)

交通事故直後の場合、極度の緊張や精神へのストレスにより気がつきにくい場合があり、すぐに症状が出ず、落ち着いてから以下の症状が出始める場合が多くあります。放置すると痛みや機能障害、二次的障害(肩こりや腰痛)へと発展する事があるため、できるだけ早く受診するようにしましょう。

  • 事故直後は痛くなかったのに、時間がたってから首が痛くなってきた
  • 病院に通ってはいるが牽引やシップだけで症状が変わらず悩んでいる
  • 他の接骨・整骨院に通っているが、経過に変化がなく不安を感じている
  • むち打ち症で、首の痛みやしびれがおさまらない

特に交通事故による怪我の場合、目には見えない部分での怪我もありますので、しっかり検査を受けることが重要になります。当院では、交通事故後遺症による「むち打ち症(ムチウチ)」「腰痛」「膝痛」等に対応した自賠責保険を取り扱っております。車両との接触事故による場合、患者様(被害者)の費用負担はありませんので安心して治療を受ける事が出来ます。

交通事故治療の流れ

  1. 加害者特定・交通事故証明書の取得
    加害者を特定し、必ず警察へ届け出をして交通事故証明書の取得してください。保険会社への保険金請求手続きができなくなってしまいますので必ず警察に届け出をて、交通事故証明書を取得しましょう。

  2. 医師の診察、診断書の発行
    事故後に当院にお越し頂いた場合は、当院でも診断証明書を発行致します。その後は速やかに警察に届出をしてください。事故後、数日してから症状が出ることもあるため、早期に医師の診察をしましょう。
  3. 保険会社への連絡
    ご自身の加入している自動車保険会社や代理店に交通事故にあってしまった事を連絡してください。
  4. 「さつき通り鍼灸接骨院」へ通院意思連絡
    保険会社には「さつき通り鍼灸接骨院に通いたい」と通院意思をお伝えください。最初に行った病院以外に通院が出来ないと思い込んでいる方がいますが、あくまで通院場所は患者さんが決める事が出来ます。まれに「病院でしか治療できない」と言ってくる保険会社もいますが、法律上、整骨院での交通事故治療も認められていますので、安心してご来院ください。

  5. 治療開始
    交通事故によるケガは、むち打ち症をはじめ、通常と違う症状が出る事が多く、その時々の症状に応じた治療を行います。※症状が重篤で、治療経過に変化がない場合、病院にてレントゲン等の精査をお願いすることがあります
  6. 会計
    交通事故の場合、保険会社へ代理請求することで治療費がまかなわれますので、基本窓口負担はありません。

新着アゴヒゲブログ

  1. 2019/4/19

    GWのお休み
    こんばんは 毎日を笑って過ごせるように お手伝い…
  2. こんばんは いつも笑って過ごせるようにお手伝しています…
  3. こんばんは 動けるカラダって楽しいっ!! をお伝…
  4. こんにちは とことんあなたのカラダと向き合う ア…