こんな考え方で施術しています!


こんばんは、優しい笑顔のアゴヒゲです。

 

今回は、自分がこんな考え方で

施術しているを書きました!

 

以前、勤めていた治療院の先生に教えて

いただいた言葉です。

 

木を見て森を見ず

 

「木を見て森を見ず」とは、

物事の一部分や細部に気を取られ、

全体を見失う事。

 

つまり、体に例えると

痛みを根本的に治すには、

痛い所にシップや電気といった

対処療法ではなくなぜ痛むのかを

体全体から探し出し、本当の原因を

探る必要があります。

 

実際に、腰の痛みが股関節の硬さが

原因だったりすることもあります。

 

では、逆の

「森を見て木を見ず」はどうでしょう?

 

全体を見ているばかりで、一つ一つの事を

見失っている。

 

つまり、腰に痛みがでるには、

何が原因かを一つ一つ分析していかなくては

なりません。

 

全体を見るのも大事だし、一つ一つを見ていくの

も大事です。

 

だから

 

どちらの言葉も大事で大切にしています。