センターラインメソッド

LINEで送る

%e9%87%8e%e7%90%83%e8%82%98

みなさん、こんばんは。アゴヒゲです。

前回のブログで

・怪我をしてパフォーマンスが下がる。

・間違った使い方をして、スポーツ障害が起こる

(例)    ⑥ 野球で肩が痛い

           

       ⑤ フォームが悪くなり、結果手投げになる

           

       ④ さらに股関節の可動域が悪くなる

           

       ③ かばっていたので

           

       ② 足首の可動域が悪い

           

       ① 足首捻挫

センターラインメソッドでは、体を

       ① 呼吸

       ② 体部

       ③ 肩甲骨

       ④ 股関節

       ⑤ 再現動作(日常動作、競技動作)

と、分けて1つ1つにテスト→運動→テストで効果を感じてもらいなら

運動をしていきます。

人間の基本的運動機能からスタートする事で、筋肉・関節の可動域を

正常にでき、柔軟性を得られる事で、筋肉の動きを最大限使える事が

できるようになります。

 

外で遊ぶ環境が少なかったから?

和式トイレがなくなりつつあるから?

スマホなどの生活習慣が原因とも言われていますが、実際に大半の

デスクワーク労働者や高齢者も同様の問題を抱えているのが現状です。

センターラインメソッドでは、使えない・使えてない筋肉に対して

再教育して、パフォーマンスUP又は、怪我の予防をしています。