疲労回復 食べ物・飲み物編 partⅡ

LINEで送る

energy_drink

こんばんは、河本です。

前回に引き続き、食べ物・飲み物でまいります。

だいぶ空いてしまいました…

 

・酢の物やお酢のドリンク

 お酢には、クエン酸とアミノ酸が含まれていて、クエン酸は

 疲労物質の乳酸を分解し、

 アミノ酸はエネルギー代謝を活性化して、乳酸が作られるのを

 抑えてくれる。

 お酢は、ダブルで疲労回復に役立ちます。

 摂取量は1日小さじ4杯でいいそうです。

 お酢は、他にも

 ・コレステロール値を下げる

 ・内臓脂肪を減少させる

 ・血流を促進し、冷え性にも効果的

 ・カルシウムの吸収を促進

 ・脂肪燃焼効果

 ・新陳代謝の活性化

 ・便秘解消

 ・辛いむくみの改善

  などの、効果があるそうです。

 

・寝つきをよくする牛乳

 脳内物質にセロトニンというものがあり、このセロトニンが

 安眠効果を発揮します。

 牛乳には、セロトニンを作るための成分となるトリプトファンが

 とても多く含まれている。

 そのため、牛乳を飲むと寝つきが良くなり安眠効果が期待できる。

 飲み方としては、寝る前の1時間前位にホットミルクがお薦めです。

 ホットミルクが苦手な方は、カフェオレやミルクティーとして

 飲んでもいいと思います。

 

・疲れをとる水の飲み方

 人間の体の60~70%は水が占めています。

 疲れをとる為には、栄養を補給する事が大切。その栄養をしっかりと

 吸収して、体の隅々に届ける必要があります。

 栄養や酸素を運ぶのは血液でその80%は水分でできています。

 血液中の水分が不足してドロドロ状態になってしまうと、流れが

 悪くなり全身に酸素や栄養が運ばれにくくなります。

 血中濃度を薄める為にも、水を飲む事は効果的です。

 飲み方としては、20~30分おきにこまめに少しづつ効果的。

 冷えた水は、体を冷やしてしまい、筋肉を固くしてしまうので逆効果。

 なるべく常温で飲む様にしましょう。

 ちなみに、私は、炭酸飲料もスポーツドリンクも常温で飲みます。

 気持ち悪るッ!!と思う方もいるかもしれませんが、慣れると平気です。

 と、いうより、おいしく飲んでます(^^)v